« 北海道ツーリング:8日目・最終日 | トップページ | 放置駐車違反 »

2006年5月29日 (月)

北海道ツーリング:最終日・最終回

 

 続けて・・「**?!$%&#」・・なんだ、中国か韓国の方らしい。ちょっと聞いてみると、何の事は無い。「薬・くすり」がほしいらしい。小生は当然中国語も韓国語も判らないので、ナンチャッテ英語で対応。小父さんも、また、しかり。
 
 どんなトラブルが有るのか聞くと、膝が痛いらしい。そこで薬局を探したが、場所が良く判らないので教えて欲しい・・との事だった。

 幸い道をはさんだ反対側に薬局を見つけたので、直ぐに教えてあげた。やれやれ、びっくらこいたぜ。バイクを出す時、ふと薬局を覗くと3人がかりでまだしゃべっている。・・大丈夫だったのかなぁ小父さん。

 後の予定は・・晩飯を食べて、フェリー中の酒・肴を購入するだけ。

 さてさて、真っ直ぐ南下し、R36に乗ってそのまま苫小牧じゃ・・とバイクを走らせると、温泉街の外れ辺りでイキなり赤色回転灯で道路封鎖。
 
 な、なにー。どうなってるの??話を聞くと、途中で崖崩れがあり、道路封鎖中なのだと云う。結局道道350に迂回させられ、大型バス3台の後ろを延々と走らされたあげく、相当の時間をロスしてしまった。・・自然災害だからしょうがないか。

 ようやくR36に入り、一路苫小牧へ。途中で晩ご飯にしなければならないのだが、一度走り始めてしまうとどうも踏ん切りがつかない。

 苫小牧近くの巨大スーパーへバイクを停めたが、聞こえて来たのは「蛍の光」。なんてこったい。

 買い物はコンビニで済ます事にして、ご飯は・・っと。あぁ、こちらもタイムアップ。
しゃーない。苫小牧市街まで行き、店を探すか・・と、バイクスタート。

苫小牧に到着し、駅前とかをぐるぐる廻ったけれどもう、10時過ぎ。よさそうな店はやっていない。困ったなー。

 しょうがない、ラーメン店でも入るか・・。やっぱり、回転寿司にしました。ちょっと時間が心配になってきて(実際は全く心配しなくても良いのに)美味しかったのだけれど、楽しんで食事・・つー訳にも行かなかった。

 あげく、リュックをテーブルの下に忘れて、店員があわてて駐車場まで持ってきてくれた。中身は大事な行動糧食(大量のビールと肴)。

 更に問題発生!!バッテリーが上がっている!!グリップヒーターの使いすぎか?荷物が少ないので、押しがけも楽々。直ぐにエンジンスタート。バッテリーの寿命かも。

 苫小牧から日高自動車道に入り、苫小牧東港へ向かうも、さて、何処のインターで降りるのだっけ?ちょっと心配になっていたら、銀マットを積んだスクーターを発見。

安心してスクーターに付いて行ったのだが、このスクーターがバケモノみたいに速い。法定速度完全オーバーなのだ。へたをすると、gsxがついて行けない加速をする。???

 港に着いて、謎がとけた。500ccも有ったのね・・最近のスクーターはスゴイわ。

 乗船待バイクの列にgsxを並べ、スイッチ・オフ。・・何で毎年列の先頭は着飾ったハーレーなんだろうねぇ。

 ターミナルに上がり、生ビールを注文して、やぁ、一休み。乗船開始までまだ2時間近くも有る。毎年そうなのだけれど、なんか乗り遅れそうな気がしてねぇ・・。

 何年か前から、バイクの乗船が最後になってしまった。まだ幸いな事に雨の乗船は経験が無いが、そうなったら暴動が起きるだろうな。今年も小一時間待たされ、首筋や耳が痛くなる程冷え切ってしまった。

新日本海フェリーさん、バイクを先に乗せて下さい。

Sshindai  小生は以前告白したとおりイビキが大きい。ですので、最近はS寝台を予約しています。料金は高いけれど、気兼ねしなくて良いです。2等寝台の頃には皆様にご迷惑をお掛けした事と思います。ごめんちゃい。

 Ftarminal フェリーが桟橋を離れて行く。今年の北海道はつらかった。雨と雪に完全にヤラレた旅だった。
 おまけに、原因不明のガス漏れトラブル。まさか旅先でキャブを開ける事になるとはねぇ・・それも二度も(帰省して、未だ手術してないです)。

 3年程前に沿岸国道全制覇をしてから、どうも北海道ツーリングがマンネリ化している。その中での、この天候だった。来年はどうしようか?

 いずれにせよ、辛かった経験だけに、思い出には長く残るモノなのだろう・・と思う。オ
ジさんには少々キツかったけどね。

 フェリーの中では、もう、呑んで寝る・・の繰り返し。今年からレストランがバイキングオンリーになってしまった。いろいろ食べられるの良いけど、選ぶ楽しみが無くなってしまった。結局利用したのは1回だけだった。冷や奴も納豆も無かったし!!

 Feree 敦賀に着いても、バイクが降ろされたのは最後だった。空気の悪い中、やはり30分以上待たされた。ずっと心配していたバッテリーだが、気温が高いせいか1発でエンジンが始動し、ホッとした。

新日本海フェリーさん、バイクを先に降ろして下さいっ!!!

 苫小牧を出る前に天気が悪いとは聞いていたけれど、敦賀はまだ雨が降っていなかったが、高速に乗り、しばらくすると雨が降り始めた。

 大垣で降りて、川沿いの道を走る頃には本降りになり、更に酷い事に、霧が立ってきた。
一番酷い所では視界2m程。今回最後のアクシデント。

狭い堤防道路で、雨+霧=視程2m。ホント、最後までスゴイわ。

 普段なら敦賀から自宅まで1時間程だけれど、優に2時間以上かかってしまった。
まいった、まいった。

へろへろで自宅にたどり着くと、同居人よりも猫の方が帰宅を喜んでくれた。・・複雑ぅ。

今回の総走行距離は2152kmだった。

おしまい

 北海道ツーリングレポート・本編は今回で終了です。 次回は今回利用したキャンプ場情報や車両情報、装備について公開しようと思います。

          長い間ご愛読?有り難う御座いました。

|

« 北海道ツーリング:8日目・最終日 | トップページ | 放置駐車違反 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ツーリング:最終日・最終回:

« 北海道ツーリング:8日目・最終日 | トップページ | 放置駐車違反 »