« 北海道ツーリング:3日目・続編 | トップページ | 北海道ツーリング:4日目・続編 »

2006年5月17日 (水)

北海道ツーリング:4日目

・・目覚めたら、雪景色だった。シェラフに潜り込んで目を閉じる直前、既に予想していた光景だった。

Yadoroku_1

 宿六の炊事場でコーヒーを淹れ、すすりながら考えた。実際困ったことになってしまった。知床横断道路は、確実に閉鎖。天気予報を考えると、沈殿しても翌日の開通は望み薄。

屈斜路湖方面へ行くにも、標津方面へ行くにもどちらも峠越えが有る。大した峠では無いけれど、荷物満載のオンロード車+みぞれ雪はツライ。

さんざん悩み「もうちょっとしたらせめて小降りにならないかなぁ・・などと考えながら、今度はポタージュスープを飲む。

待っていたって、考えていたってナニも始まらない。俺はイクぞ。

そうと決まれば早速パッキング。アウターから浸みても大丈夫な様に、インナーバックを再確認。レイングローブとレインスーツは薪ストーブ脇に掛けさせて頂いていた。

「完璧っ!!」

外は相変わらずのみぞれ雪。ルートは決めたっ!。今年知床は諦める。

標津、尾岱沼、根室近辺をうろつこう・・そう決めた。

レインスーツの襟を閉め、さぁ、出発だ。

メインスイッチ・オーン! セル・スタートぉ・・・って、あれ?イカン。かぶった。

過去の経験からすると、バッテリーが持たない・・ハズ・・・ごら!がんばらんかぁ・・えっとォ、バッテリーは化学反応でぇちょち休めばぁ・・って・・ぜんぜんダメじゃん。

恥ずかしくもバッテリーをあげてしまいました。

スタッフの方にお願いして、ジャンプコードを用意して頂いたのに、ちょっとした不適合でダメで、別のコードまで探して頂き・・昨日会った東京から来たライダーまだ心配させて・・更に、またガスだだ漏れ。

めでたくエンジンはスタートしたけれど、回転がばらついている。1気筒死んでいるようだ。

そんなこんなで出発は11時位になってしまったのでは?

走り出して直ぐに後悔・・っーか、えらいこっちゃぁ・・と思いました。視界が昨日の比ぢゃない!外気温が更に低下した為か、シールド即曇り。おまけに完全な「べちゃ雪」。

それでも標津へ抜けようとR244を走りました。だんだんと道路のわだちがはっきりしてくる・・べちゃ雪から、明らかな積雪状態へ・・。

視界3%位の中をバランスだけで走る・・と「そこのバイク、左に寄って止まりなさーい」と意外に優しい拡声器の声。ミニパンダカーだった。

パンダカーのオニーサンは、自分が車から降りるのもちょっとイヤそうだったが、そばまで来て「夏タイヤでしょ~、峠は無理だわ。今日は何処の峠も無理だよぉ」と・・。

その時には路面の積雪がはっきりと判る様になり、周りの景色も完全な雪景色になっていた。R244・根北峠にさしかかろうとしていたのだと思う。

強制されるまでもなく、ただうなづいてUターンした。・・完全な敗北だった。

ほんの3~40分の距離なのだろうが、もと来た道を戻るのが、なんと遠く辛かった事だろう。

クリオネに入る道を通る時、どれだけ戻って沈殿しようかと思ったことか・・しかし、そんな恥ずかしい事は出来そうにない。進むしかないんだ。

この時点で、今年の道東はすっぱりと諦めた。

雪中走行の次の目的地は、網走湖畔・呼人浦キャンプ場とした。温泉も近く、広いサイトときれいなトイレだ。

雨の244を走る、はしる。ハシル・・。ようやく氷嚢みたいな網走・汚水処理タンクが見えた。もうすぐだ・・。

あぁ、財布の中身が少し心もと無い。郵便局のATMコーナーに入ると、「出たくな-い」。

他のお客さんに迷惑が掛かるとは思いつつ、シールドとメガネに曇り止め処理をするのだが、乾いたテッシュとかバンダナが残り少ない。・・しかし、後少しで呼人浦だ。がんばるぞ。

・・呼人浦に到着した。G.W.でさえにぎやかなキャンプ場は、人っ子一人居らず、水鳥のわめき声と乱気流の中のコップの様な水面、芝の上にはべちゃ雪。吹き抜けるみぞれを含んだ風・・。Yobito

・・だめだ。キャンプは不可能だ。

精神的に切れた。・・と、ゲストハウス?物置?避難小屋?がある。ひょっとして中に入れるのか?ダメだと思いつつ、扉を引くと・・開いたっ!

椅子とテーブルが有る。休憩所として使われているらしい。風を遮るだけでこんな暖かく感ずるものなのだ。

しばらく呆然と窓から外を眺めていたが、自分がかなり腹が減っている事に気づいた。・・よし、メシにしよう。Yobitosoto

マルタイラーメンとみそ汁を飲んだら急に元気が出てきた。

休憩所内にテントを張っても良いが、他の方に迷惑が掛かる。地図とキャンピングガイドで熟考した結果、足寄まで南下することに決めた。

外を見ると、なんと雪が降っていない。確かに天気予報は「午後から回復」を告げていた。

よぉ~し、イクかぁっ!

荷物を再パッキングし、外へ出ると、やはり、まだ冷たい霧雨が吹き付けていた。

行動を起こすのがイヤになってしまった・・・。

                       続く。

|

« 北海道ツーリング:3日目・続編 | トップページ | 北海道ツーリング:4日目・続編 »

コメント

がんびゃぁ〜!!

投稿: シバタ | 2006年5月17日 (水) 23時47分

はじめまして。「知床からよろしく!」という記事を書かせて貰ってる、たけしと言います。今年の知床は、雪が例年に比べ多く、知床横断道路を諦める、旅人が多いと聞きます。また、知床を訪れるチャンスが出来ましたら今度は、楽しんでいって下さい。

投稿: たけし | 2006年5月20日 (土) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ツーリング:4日目:

« 北海道ツーリング:3日目・続編 | トップページ | 北海道ツーリング:4日目・続編 »