« 北海道ツーリング:6日目 | トップページ | 北海道ツーリング:7日目・続編 »

2006年5月23日 (火)

北海道ツーリング:7日目

 幸いな事に夜中にも雨が降らなかったようだ。テントから這い出し、コッヘルをセットしてコーヒーを淹れ、前日にセイコーマートで買っておいたパンの朝食をとる。

やっぱり雲が低い。昨晩隣の車中泊が”見ていた”TVでも天気は下り坂だと言っていた。なんてぇこったい、低気圧から逃れる為に南下してきたのに・・。

ちょっとうんざりしながら雨中走行に備え荷物にカバーを掛け、さぁ、出発だ。

岩見沢インターから道央道に入り、札樽道にスイッチ。一気に小樽を目指すのだ。予想通りインターに入る頃には雨が降り始めていた。

幸いな事に”それ程の”風ではなかったので、まぁ、そこそこのペースで距離を稼いだ。小樽に着く頃には何とか雨も上がっていた。

 余市には毎年”詣でる”ニッカ醸造所が有る。それまでの東北ツーリングから、遂に北海道上陸を果たした1998年から、毎年訪ねている。

醸造所限定のカスク・ストリング(樽だし原酒)を購入する為だ。毎年「10年もの」を購入している。数年前から、フレーバー毎に選別したタイプも出しているので、それも購入している。お気に入りは「ピーティー&スモーキー」。

 普段からラフロイグとかラガヴーリンを好んで飲んでいるので・・。ラガヴーリン16年は高くなりすぎて、ストックに手を付けられずにいる。残り後2本なので・・。

サントリーの醸造所3カ所にも行って各々の限定品を買ってはみたが、小生にはニッカが合うようだ。たしかに学生時代はブラックニッカを良く飲んではいたな・・安かったし。

 ワインならブルゴーニュの赤が好きではあるが、食事には合わせたい。牛すね肉の煮込みなどが出てくれば、やはりボルドーがイイし、鱸のポアレならシャブリがイイよね。酒ならやっぱり新潟の酒が一番・・八海山か、かめ酒、雪中梅もいいねぇ。ビールは・・札幌クラッシック、旨いよねぇ。普段は黒ラベルか、キリン・クラッシックラガーが好き。

・・と書くと、相当飲んべえみたいだけれど、実は弱いです。そうそう、限定のウィスキーだけれど、自分の店の、常連達への土産と、自分への土産も兼ねているのです。

 てな訳で、今年もさくっと原酒を購入。3本で6000円位だったかな。

 お次は柿崎商店へ。2Fの食堂はどうかな・・ほとんど並んでいない。ちょっと並びかけたのだが、積丹の藤寿司へ行こう・・と思い直した。2年前に食べた寿司がねぇ・・ヨダレものだったのよ。1F商店で切り昆布(お女中に言わせると市価よりかなり安いらしい)と、しょっつる(此処で売っているのは無添加モノなのです)と、偶然目についたアイヌネギのパックを購入。段ボールをもらい、酒などと併せてパッキング。すぐさま送ってしまった(後日談:アイヌネギは帰省してから醤油漬けにしました。旨いねぇ/クサイねぇ)。

Fujisushi 昼前に藤寿司へ到着。すんなり入店は出来たけれど、カウンターに座ってから20分位待ったかなぁ。無論、待った甲斐は有ったけどね。3000円位だったか、地のネタをメインしたにぎりセット。ウマかったぁ。店を出るときには、待ち時間は1時間位になっていたようだ(画像は2年前のモノ。今も変わってません)。

Bikuni 実は昨年11月美国観光ハウスに泊まって、不埒にも海鮮三昧で至福の一夜をすごしたのです。美国観光ハウス・・覚えておいても良い旅館ですぞぉ。オンシーズンに泊まるのは不可能だろうけれどね。

 

 藤寿司の駐車場・待合い椅子で今日のキャンプ地を探す地図の上に、ぽつり、ぽつりと雨が落ち始めていた。
                                    続く

|

« 北海道ツーリング:6日目 | トップページ | 北海道ツーリング:7日目・続編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ツーリング:7日目:

« 北海道ツーリング:6日目 | トップページ | 北海道ツーリング:7日目・続編 »