« 北海道ツーリング:7日目・続編 | トップページ | 北海道ツーリング:8日目・最終日 »

2006年5月26日 (金)

北海道ツーリング:7日目・続・続編

・・続・続偏。

 今日は自炊の日なのでコッヘルに米をセットし、センターハウス「来夢人の家」に温泉を頂きに行く。

 センターハウスにはこぢんまりとした軽食コーナーが有り、なんと、生ビールも飲めるのです!!たまらん。

 混雑しているかと思っていた温泉は、先客お1人が出られた後、貸し切り状態。いゃー、じょんのびじょんのび。しっとりとした、良い温泉でした。

 お待たせしました。ビール・ターイムッ!!好物の冷や奴もメニューにっ!!更に、夕方の営業を祝っての振舞酒までグラスに頂いてしまいました。ラッキー。

Kimundo  豆腐を肴にまったりしていると、バイカーらしい小父さんがキャンプの受付をされている。いかにも「やれやれ」といった感じで側のテーブルで休んで居られるので、少しお話させて頂いた。

 小父さんは九州(たしか福岡だった)から今日フェリーで苫小牧に着かれたそうで、なんとなんと、ゴリラで北海道一周をする予定なのだそうだ。原付で旅をされるとは、小生には考えられないな。でも、思い入れやこだわりが有って原付を選ぶ人のキモチも判る。なにしろ、徒歩や自転車で旅をする人も多いのだから。

自転車と徒歩の旅人は、本当に尊敬出来る(まぁ、人間なんだから性格の悪いヤツとか居るのだろうけれど)。

 小生は軟弱なので、とても彼等の真似は出来そうにない。特にチャリダーはスゴイ。自分の力だけで坂道を上っているチャリダーを見つけると、必ず「ガンバレ、峠は近いぞ」と挨拶することにしている。

ほとんどのチャリダーが苦しい息の中から、イイ笑顔で挨拶を返してくれる・・すごいなぁ。

  小父さんは、行き当たりばったりでビジネスホテルとキャンプをして旅をするのだと話してくれた。知床横断道路開通延期の情報には、少し困った顔をしてみえた。

 まぁ、なにしろ今日が初日だ。何年か前から計画し、昨年は仕事の都合で断念したのだとう云う。あれからどんな旅をされたのだろうか。楽しい思い出が沢山出来た事を祈る。

 小父さんに小生がテントを張った場所を教えて、お先にご無礼させて頂いた。テントに戻り、ディナー・ターイム&ビール・ターイム。

 食事中に小父さんがサイトにみえたので、あまり良いサイトが無い事を教えてあげた。しかし、あんな小さいバイクにどれだけの荷物が積めるのかと思っていたが、どうやら自炊道具とかはお持ちで無いようだった。

結局近くにテントを張られたので、ツーリングマップルとか、キャンピングガイドとかを見せて少々お節介だったかもしれないが、キャンプ場情報などを教えてあげた。

一緒にビールでも・・とお誘いしたけれど、どうもお酒は嗜まない方の様だったので、深くお誘いはしなかった。

 小生もキャンプは今日が最終日。明日はフェリーに乗らなければならない。シェラフに潜り込み、地図を見ながら明日のルートを考えた。

 歯磨きに外へ出ると、洞爺湖はいつの間にか深い霧に沈んでいた。

|

« 北海道ツーリング:7日目・続編 | トップページ | 北海道ツーリング:8日目・最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ツーリング:7日目・続・続編:

« 北海道ツーリング:7日目・続編 | トップページ | 北海道ツーリング:8日目・最終日 »