2018年7月18日 (水)

アウディ 80 ダッシュボード脱着 その2:インストゥルメントハウジングとステアリングコラムコンポーネントスイッチ

 最初にステアリングコラムコンポーネントスイッチを外す。

Cimg3498下側の○2本のネジを外し・・・。





Cimg3499←のコラム部ネジをゆるめる。



Cimg3501コネクタ面から見た固定ネジ。




コラム部固定ネジを緩めた後ステアリングコラムコンポーネントスイッチを引っ張り出し、左右のコネクタを外す。

Cimg3502コンタクトリングにつながるコネクタも忘れずに抜く。





これでステアリングコラムコンポーネントスイッチを抜き出せる。

インストゥルメントハウジング取り外しに続く。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

アウディ 80 ダッシュボード脱着 その1:ハンドル

Hanndoruホーンパッドをコジって外す。パッド左右にも爪が出ている事に留意。
パッドと本体をつなぐホーンコードの抜き忘れに注意。




Decoパット固定のメインはハンドル側の凸とパッド側の凹がかみ合う事に依る。

左右の爪は補助的なもの。



Spナットを抜く前に合いマークを着ける事を忘れてはいけない。

スプラインで勘合していて、かなり強固に固着している場合が有る。その場合無理に抜こうとしてひっくり返ったりしてケガを負う事がある。


勘合を抜く時はナットを1目か2目分残し、ナットを完全に取り外してはいけない。ナットがかけて有れば力を思い切り掛けて抜ける時、勢い余って体をぶつけたり、ひっくり返ったりする事故を防ぐ事が出来る。

勘合が外れたらナットを外してハンドルを外す。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

アウディ 80 2.0E ダッシュボードの外し方 イントロダクション

ダッシュボードの外し方を記録しておく。外すのは3回目(1回は業者施工)。

エアミクスチャーフラップスポンジの張り替えやヒーターコア交換の場合にダッシュボード脱着が必要になる。

外さなくてはならないもの

①ハンドル
②インスゥルメントハウジング(計器)
③ステアリングコラムコンポーネントスイッチ(ワイパーやヘッドライトスイッチ)
④グローブボックス
⑤リアフォグスイッチ、リアデフォッガースイッチ、小物入れ、ラジオ、ヒーティングコントロール、灰皿、そしてハウジング
③センターコンソール(フロント、リア)
⑦フロントスピーカーとカバー(抜いた穴がダッシュボードを外す時の”持ち手、手がかり”になる)
⑧シェルフ(ハンドル下小物入れ)
⑨発炎筒ホルダー

・・・続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

B.B.号重整備記録

デフマウント交換

サブフレームマウント交換

マルチリンク+リアスタビリンク交換

リアスタビライザーブッシュ交換

リアロアアームボールジョイント交換

コンパニオンプレート交換

ドライブシャフトセンターベアリング+ホルダー交換

ミッションマウント交換

エンジンマウント交換

燃料ポンプ+フィルター交換

ATオイル+フィルター交換

デフオイル交換

センターマフラー交換

最後にアライメント調整をしていただいた。

部品が間に合わずロアアームブッシュ交換とドライブシャフトブーツ交換が出来なかったのはイタイ・・後日施工で工賃が加算されてしまう。

注:交換は上下、左右、前後、等、全てセットで実施した。

さて、つぎはアウディのターンだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

梅雨の合間にキャンツー 平湯温泉

梅雨の合間にオイソガ氏/CRF氏と定番の平湯キャンプ場へ出かけたが・・・。

Hirayu画像は翌日撤収時のモノ。雲は多いがマズマズの天気。・・・が、昨日/到着時が一番ヒドイ天気に当たってしまった。

その理由は・・・。


丹生川村役場前のCOOPでビールを購入後、さて、雨が降るまでに到着/設営しちまおうゼ・・と話しつつレッツラゴウ!・・・とならなかったのだ。

あれれ?CRF氏がメインキーを何度もオンオフしながら頭をひねっている?とらぶる・・なの?

どうやらバッテリーが突然死したらしい。COOPまでの高速も下道も全く問題なく使えていたのに、買い物のホンの15分位の間に・・突然死したらしい。

 僕等の間ではバッテリー上がりなんて故障の内にも入らないので「いいよ~押し掛けしよ」って軽~く押し掛けで始動はしても、どうにもアイドリングが保てない。アクセルを開け気味にしてもヘッドライトをオフ(コネクタを外した)にしてもダメ。

 FIでもスーパーカブのイメージが有ったのでエンジンさえ掛かれば普通走行出来るのだと思っていたのだが、CRFはダメだった・・車と同じだね(小生のバイクは3台共キャブなのでバッテリー無くても全く問題ないのよね)。

 スーパー前のガソリンスタンドで電圧を測定してもらうと9.6Vしかなかったと云う・・内部短絡してるのね。

バッテリー・レスでの走行は不可能と判ったので作戦会議・・結果、高山のレッドバロンに連絡してバッテリー在庫を確認後、小生が取りに行く事で決着。

 オルタネーターやレギュレートレクティファイア故障の可能性も有るので、祈りつつ新バッテリーに交換・・おぉ、神のご加護か仏の御心かっ!一発安定始動!!

・・・で、2時間近く到着が遅れ平湯で受け付け中に土砂降りに。

 設営時あんなに降られたのは2006年の北海道/別海キャンプ場以来でしたよ!気温が低いのだけが助けでした。

 設営後ひらゆの森で一風呂あびて、12時頃まで宴会・・でも焚き火はナシ。

その後激しい雨も降らず朝までぐっすり。

Ggo1Ggo2翌日は良い天気に。濡れたモノを色々乾かしつつ、ゆっくり朝食。さて、ドコへ行こうか?

協議の結果、神岡/ガッタンゴーへ行く事に。


なかなか楽しく、あっと云う間。今度は渓谷コースに行きたいねぇ・・今度のツーリングは秋だな。

因みにCRF氏は2年前に二○館で購入したファルタバッテリーでして、今回はGS湯浅・・17000円と涙がチョチョ切れるお値段でした。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

お心当たりのある方居ませんか?

ココをお読みになっていらっしゃる方でAT修理が出来るショップをご存じの方、いらっしゃいませんか?

1985~1990年前後のアウディ、ゴルフ2,ジェッタ等をイジれる所で、愛知岐阜三重近辺。

自薦、他薦、噂でもかまいません。

コメント欄にてお待ちします。

よろしくおねがいします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

バルブボディ清掃修正では直りませんでした

残念ですがバルブボディが原因ではなかったようです。

ミッション部分の不具合が有るようです。リフトを占有してしまっているので一旦終了とし、工場の都合に併せてもう一度チャレンジしてもらう様交渉しています。

・・・誠に残念。執刀医の社長もかなりがっかりしてました・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

バルブアッセンブリを分解した

Tranceplateトランスファープレート





Sepplateセパレートプレート

Valveassenバルブアッセンブリ

橙:直径6mm 赤:直径3mm


分解したメカニックによると3mmのボールバルブが別のラビリンスの中に有ったと云う!!長期使用でベアリングが痩せたかストッパー部が拡張した可能性は有る。

3mmココが拡張してしまったのか?




急遽在庫ベアリングをマイクロメーターで測定し、3.175~3.18mmΦのモノを選択し、コレを使用する予定。

・・此が原因だと良いのだが。

折れた部品や繊維カスとかは(ラビリンス内には)無かったそうです。

バルブ分解清掃とラビリンス洗浄はこれから。そして今週中には完了させて状況終了まで持って行きたいとの事でした。

!頼むよっ!!
                              8/June.追記変更

追記2:オリジナルの3mmΦボールバルブを測定した所、さすがの3.00~3.01mmでした。1/10mm近くデカければ拡張したゲートでも大丈夫ですね。

                            11/June. ゲート画像追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W124 あるある キーシリンダー破損

W124の弱点の一つ。

Cimg3492キーさえ有ればココまで簡単に分解出来る。

W124のキーシリンダーには構造的欠陥が有る。



Cimg3493Cimg3495ココが破断する。シリンダー本体(左図)と右図のパーツが接する部分はせいぜい1mm×14mmの面積しかないのだ。

もろい鋳造用合金製なので反復する長期間の使用で破断する。

Cimg3496鋳造時の温度変化や加工時のストレスが金属の結晶構造に影響を与える。

破損は単純に使用者の誤用だけでは無いと思う。


キーシリンダーそのものはメルセデスベンツで購入する事が出来る(多分、まだ出来ると思う)が、新車時に付いてきた個別データの記載された紙がな無いとやっかいかも。そして、何より高額な請求が来るのだろう。

安価な社外品も有るが、ドア・トランク・グローブボックスと整合性が無くなってしまう。

対策はなやましいね(お金が有れば問題ないが)。

追記1:**ヤナセに問い合わせてみた

キーシリンダーは本国発注で約1ヶ月必要。従前のキーがそのまま使用出来る(キーがもう一本増える訳ではない)。パーツ代金は18252円・・なんだ安価だな。

オット忘れていた・・・交換工賃は15000円程掛かるらしい・・さすがヤナセ価格だね。素人でも交換出来るのにね。

結局3万円程と1ヶ月が必要と云う事でした。

車検証記名者と本人確認書類が同一で有る事、ヤナセサービスへの入庫が必要だそうです。

追記2:緊急用キーシリンダーと専用キー(1本のみ、スペア制作不可能)は25000円だそうです・・オリジナルと大差無いじゃん・・頼む意味ないですね。更に国内在庫なし。

                                        2018 08/June.

                                                接合部面積訂正変更 08/June.





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

理不尽だが如何ともしがたい

魂の価値は学力では決まらない。

自分は記憶力が悪く暗記しなければならない学業(つまるところ、ほぼ全ての学業)の成績が悪かった。

昨晩「君は通知票に5が有ったかい?」と話しかけられ「そりゃ有ったさ・・理科とか国語とかさ」と答えると、笑われた・・私は算数が出来ない!

私はかなり憤慨し、布団に入っても鼻で笑われた事が頭の中を走り回り甚だ寝入りが悪かった。

まぁ、人それぞれで賢いヒトも居れば小生の様に愚かなヒトも居るものだろう。でも、賢いヒトはさ、愚かなヒトが居る事が判らないのだよね。だってさ、そう云うヒトは大概ず~っと賢いのだろうからさ。「何故判らないのか」が「判らない」のだと思う。

どうしても寝入りが悪くて色々言い訳を考えて、なんとかひねり出した言い訳。

「魂の価値は学力では決まらない」・・納得させなきゃ眠れないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«早起きはつらいの