2020年6月23日 (火)

W124 ヘッドライト修理 手動 光軸調整機構 リフレクター固定枠 レベライザーの修理


マニュアル・レベライザーのコトです・・荷物満載/定員フル乗車/トレイラー牽引・・等々で車体が沈み、光軸が上向いてしまった時に手動で光軸を調整する機能・機構のコトです。いわずもがな。

我がBB号もご多分に漏れず何度もヘッドライト内部のリフレクターを固定する枠・・上下動用に左右2カ所のジョイントと、レベライザー用の空圧アクチュエーターにつながるジョイントが有るプラスチック製のヤツ・・が割れて、リフレクターがプラプラになってしまい修理を繰り返しています。

割れた枠をプラリペアで接着したり針金で固定したりして来ましたが、レベライザーの凹ジョイントが割れたのには参りました・・・補修方法が判らず接着剤で永久固定されていらっしゃる方も多いでしょう。

ぱらいそは市販ボールジョイント(税込み518円でした)を改造して枠に埋め込み完全修理しましたのでご紹介しましょう。

コレを使います。
Dscn3852 Dscn3851モデラーさん御用達のそのものズバリ、ボールジョイントです。

この会社のこのサイズのボールジョイントはw124のレベライザー凹凸と同じサイズなのです!!


ただし少々改造・・削りが必要です。モデラー用ボールジョイントは関節に遊びが無い様に作られています・・クタクタになった関節を取り替えたり(リジットな)指の自由ポージングの為に極小のボールジョイントに改造したりする為に存在しますので、ポージングの後は動かない・・固いのがノルマルです。

今回の目的には自由&抜けない事が必要となりますので、凹部をリューターで削ります。臼部だけを削らないと抜け易くなりますので注意が必要です。

ヘッドライト枠凹ジョイントを削り取り、改造した凹ボールジョイントを埋め込みます。接着はプラリペアを用います。

今更となりますが、樹脂の耐久性は未知数です。

皆さんもお試し下さい。お役に立ったかな?

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

ある会社のAEDバッテリーを分解してみたところ・・

期限切れのAEDバッテリーが発掘されたので分解してみた所、米国製造パナソニックCR123A直列3本×3並列だった。一寸がっかり+そうかもしれないね・・でもね、1パック3万円以上するんだよね。4年毎の交換だし。

・・コレを機会にバッテリースポッターを造って自作するか?・・やっぱダメだわな。公になったら(誰に??)告訴される事間違いナシ。

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

一度にヤルのは大変

梅干し漬け込み、ハネ梅でシロップ仕込み、らっきょう漬け込み、レモン/八朔ジャム造り・・午後2時位から始めて9時過ぎまで掛かってしまった。梅もらっきょうも採取/掘り出したら時間がおけない物だからね、しょうがない。

レモン/八朔ジャムは・・黴びるヤツが出てきたので残りを一気にと思い実行・・レモン全部は剥けず10玉位残ってしまった。。今年は裏年なので春レモン/ライムの着果が少ない・・肥料やらなくては。

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

聖 悠紀 氏 パーキンソン病を公表

友人が限定販売/文庫本サイズの超人ロックを持っていた。ハトロン紙が巻いてあった。comだったか作画グループだったかの販売。

その友人も次元の淵を渡ってしまった。あの本はどうなったのかな。セイラさんの〇-ドが載ったOUTも俺に譲ってくれれば良かったのに・・ばかばかっ!!

おっと・・聖さん、せめてロック完結させて下さいね。お大事に!!

| | コメント (0)

2020年6月10日 (水)

脛骨骨折便り-10

昨日から4ヶ月ぶりに早朝1時間散歩を再開した。歩く速度は遅いし、やっぱり痛むけれど骨再構築には良い刺激になると思う。なにより1時間歩ける様になったのがうれしい。短時間なら小走りも出来る様になった。

骨折部は盛り上がっている・・教科書通りだね・・今度自分でレントゲンを撮ってみようかと思っている。

| | コメント (0)

2020年6月 5日 (金)

フジロックが中止になっちまったぜ!!

朝刊を開くとフジロック中止の文字が・・・。ええっ、本当?ネットにもスマッシュホームページにもナニも出ていないじゃん!!無口になり機嫌が悪そうな女王様・・。さわらぬかみにたたりなし・・つるかめつるかめぇ。

そうこうしているうちにネットにも情報が乗り出したけど、スマッシュは沈黙。

まぁあきらめてはいたんだけれどげんじつとなるとはなしはべつですねおやかんじへんかんができできできあに。  回線断

 

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

脛骨骨折便り-9

治癒過程なんだろうが(多分)骨膜反応で骨折部が痛い。順調に融合しつつある様だ。

PTが「散歩は一日どのくらい行かれるのですか?」と言うので「一日2回位かな・・一回15~20分位。でもこれからの時期、午後の散歩は(日傘代わりに)こうもりをささなくっちゃね」と話すと、若いPTは「????」。

・・・そうか、こうもり死語なのか。

家に帰りこの話を女王様に披露しつつ「実家には蛇の目がまだあるよ。骨には黒漆が塗ってあってね、油紙がはってある」と話していて多分、油紙も死語なんだな、と思った。

もちろん蛇の目も。

おしまい。

とりとめないなぁ。

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

ステンレスコーヒーポットの蓋つまみを修理した

「蓋つまみが取れたので修理するのよ」・・女王様からのお達し。

女王様、どうやったらつまみが取れるのですか?

「知らぬ。勝手に取れたのじゃ」・・蓋がつまみの所で凹んでいますよ、落としましたね・・などと余計な事を申し上げるとお怒りになられるので・・「承知致しました」。

オリジナルは1点のみのスポット溶接。

銀蝋で強固に付けようと思ったけれど面倒だ・・ステンレス半田で付けておいた・・次に外れる時はカラ炊きの時だろう。おおコワ。

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

GSXR250Rの整備をした

結局紙ヤスリでオイルシールをスルと云う治療では1年持たなかったのでフロントフォークオイルシールを交換した。併せてダストシール、内部洗浄、オイル交換も行った。
更にどうせフロント廻りをイジルのだから、ブレーキオイル交換とキャリパピストン清掃も行った。

その後試験走行で近場を100Km程さまよったのだけれど、足をヤッちまってから初めてのバイク。足だけでなく全身の筋肉?が落ちている・・体力が低下している事を実感し愕然とする・・・ようするに疲れちまったよ。暑かったせいも有るのだろうけどね。

こんなんじゃツーリングに行けない体になっちまう!!


Dscn3850 Dscn3849

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土)

ペルチェ ワインセラーの修理

・・もう何台目だろうか、ペルチェ冷却タイプのワインセラー修理を依頼された。

いずれもスイッチング電源の破損・・FETが飛んでいたりマイラが焼けていたりコンデンサがパンクしていたり・・色々。

根本的に設計がプアすぎるし、素子の素性も??半田付けもダメダメ。ヒートシンクやデカイ抵抗の横にコンデンサが接していたり・・ホントに設計通りの電流が供給出来ているのか??

今回もFETが飛んでいたので単純に交換だけして修理完了と思ったのだが、ふと見ると電源出力に直接ペルチェがつながっているのに気付いた。??温度制御どうしているの??

改めて(ざっとだが)回路を見ると、温度はコンパレータ、スイッチング制御はTL494でごく普通。ではどうやって温度制御しているのか?

スイッチングICを制御して出力そのものを制御していた!なかなか上手い事を考えたものだ。

・・とは云っても簡単に壊れるプアな設計ではダメダメですね。

今回の修理では電源/制御全て取っ払い、出力1.5倍のTDKスイッチングレギュレータと中華電子サーモを使いシステムを作り直した。これで当分壊れないと思うが、次はペルチェが飛ぶのか?

クライアントにはコンプレッサかアンモニア冷却のヤツを買う様に話しておいた。

注意!!ワインセラーは24時間365日通電している。生半可な修理は即座に事故発生の可能性が有る。判る人以外はあきらめて廃棄するのが正解です。

追記:電源の故障原因を調査した。1次平滑コンデンサ容量抜け→トランジスタに過電圧→トランジスタ破壊・・と進行した模様。別の一台も同様にコンデンサ、トランジスタ各一個を交換したところ起動した。が、トランスが鳴いている事に気付いた。外見上は異常無いコンデンサを調査すると完全にドライアップ/オープンサーキットで整流電圧がそのまま流れていた。

やはり24時間(ほぼ)全力運転するには設計、出力共に不十分だと云う事が明らかとなった。 16/June.

| | コメント (0)

«TODENT MINI-POWER NCL-35 MH-TT 技工用エンジンを修理した